×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第三十二話『肝試し』

151 :黒犬 ◆maNL6bv6dg :2006/12/17(日) 01:44:56 ID:a1X5y96bO
【32/100】
俺が高校生の頃の話
地元で幽霊が出ると有名なホテルがあった。
その日は暇だったのでオカルト好きな友達Kと二人でホテルに肝試しに行ったんだが…
着いてみると様子がおかしい…
1 2 3……4
あれ
一部屋増えてる…
二人とも何回も行ったので、間違えるはずありません。この小さな廃ホテルは三階建て、各階に三部屋です。
K「奥に一部屋増えてるな…」
何を血迷ったか、Kは一人でズンズン奥に向かって行きます。
俺は怖すぎてその場に立ち尽くしてKを見守っていました。
K 「ドアに鎖が巻いてあって鍵がしてあるから、窓壊して入るなー!」
オレ「アフォカー!!!!!」
しかし、声にならない俺の叫びは届きませんでした…
ガ ッ シ ャャャーーン
近くに落ちてた石でKが開かずの部屋のまどガラスを割った瞬間。
ピリリリリリ ピリリリリリ
Kの携帯が鳴りました。
K「モシモシ」
………
オレ「どうした??誰から??」
K「おばあちゃんが……たった今死んだ」

二人は無言で帰路につきました。