×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第九十六話『母のオルゴール』

333 :蟻 ◆GJCUnhVBSE :2006/12/17(日) 08:35:08 ID:yBezmQGa0
【96/100】

母のオルゴールの話。

母は、グランドピアノの形をしたオルゴールを持っている。
ふたを開けると音楽が鳴る仕組みになっているやつだ。友人からプレゼントされた
ものだという。
ある夜、母が眠っていると、オルゴールが鳴っているのに気づいて目を覚ました。
(寝ているうちに、寝相が悪くて蹴ったりしてふたが開いてしまったのだろう
か?)と母は思い、寝ぼけ眼でオルゴールを見た。
母は驚いた。
オルゴールのふたは、閉まったままだったのだ。
それだけじゃない。
(曲が違う!)
そう、まったく違う、別の曲が流れているのだ。母の部屋にあるオルゴールはそれ
一つ。他にはない。じゃあ、この音は?
恐ろしくなった母は、無我夢中でそのオルゴールを叩いた。すると、音は止まった。

後日、母にオルゴールをプレゼントした友人が亡くなったとの連絡が入った。
友人が亡くなった時間は、まさに、そのオルゴールがひとりでに鳴り出した時間だ
ったそうだ。

【完】