×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第五十八話『9119』

227 :蟻 ◆GJCUnhVBSE :2006/12/17(日) 04:26:46 ID:yBezmQGa0
【58/100】

小学校五年生の夏の実体験。

その日、当時住んでいた街に台風が接近していた。確か9119。最悪の被害をもたら
したアレだ。
明け方が近くなるにつれて風雨は強まってきた。外では物凄い音がしているため
ぐっすり眠ることができず、私は寝たり起きたりしていた。
朝の5時ごろだろうか。
ふと、「シュルシュルシュル」という音に気づいて目を覚ました。
(なんの音だろう?)
間違いない、その音は部屋の中でしている。私はベッドから身を起こして、暗い部
屋の中を見渡した。
カーテンだ。
ベッドの頭の方にある小窓のカーテンが、ひとりでにシュルシュルと開こうとして
いる!
そのことに気づくなり、私は飛び起きた。リビングに直行すると、両親は既に起き
ており、私はたった今体験した出来事を彼らに話した。
その瞬間、私の部屋から「バリーン!」という音がした。両親の後について見に行
き、驚愕。カーテンが開こうとしていた小窓のガラスに、隣家のガレージの屋根フ
レーム(※記憶が曖昧です)が突き刺さり、部屋の中はめちゃめちゃになっていた
のだ。もちろん、さっきまで私が寝ていたベッドの上も、割れたガラスが散乱して
酷いことになっていた。

あの時私を助けてくれたのは一体何者だったのだろうか。

【完】