×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第六十八話『叫び声』

253 :北風 ◆zn2LXYlGxo :2006/12/17(日) 05:13:47 ID:hs1zx9eb0
【68/100】
「叫び声」
これは大学の友人から聞いた話だ。

その友人はS県に住んでおり、実家は途方もない山の中だ。
俺も一度友人の実家に遊びにいったのだが、聞いていた程以上に
すごい山で、とても驚いたのが印象的だった。

その時に友人と、友人の地元友達と三人で怖い話をすることになったのだが、
その時に聞いた話だ。

友人は家に帰るために一人で車を運転してたそうだ。
その道路は有料道路で、車も全然通らない。
実際俺もその道路を通ったのだが、昼間でも木々のせいで薄暗く、
本当に気味の悪い道路だった。その道路を10Kmほど進んだところに友人の家がある。

正直、夜一人では死んでも通りたくないような道だと思ったのだが、
友人はその道路を通らなければ家に帰れないのだから仕方がない。

友人が車で家に向かってる途中、
山中に一台の車が止まっていたそうだ。
実はこの山、かなり有名な自殺スポットらしくて、友人は嫌な予感がしてたそうだ。
車の横を通り過ぎて、
少し進んむと突然「きゃぁああああああ!!!」と山中に響き渡るように女の声がした。
友人は車を止めて窓を開けた。
女の声はもう聞こえなかった。
でも、友人は見てしまったようだ。

木々の間から友人を「ジーッ」と見ている女を。
         【完】