×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第九十九話『ある合宿所』

340 :黒影 ◆vi3yuFYKUs :2006/12/17(日) 09:04:27 ID:UDZ+PlcUO
【99/100】
ある合宿所の話。
そこは昔から出ると有名で、肝だめしにも時折仕様されていたそうだ。

その合宿所に合宿にきていたKは、夜中にふとトイレに行きたくなり目を覚ました。
この合宿所は古く、トイレが就寝場とは別な場所にあり、一度外から回らなくてはならない。だが辺りは暗く不気味だ。
小心者なKは一人で行く気になれず、隣に寝ていたSを起こし付いてきてもらう事にした。
眠そうに文句をいうSをなだめ、寒い空気の中外に出る。
ふと何気なく建物の脇の雑木林に目を向けると、何か黒い物が動いている。
それをマジマジと見つめたKとSは次の瞬間悲鳴を上げていた。
それは潰れた目から真っ赤な血を垂れ流し、四ん這いで何かを手探りする人の形をしていたのだ。
脱兎の如く建物に逃げるKとS。
それは悲鳴で人の存在に気付いたのか、四ん這いのまま俊敏に追い掛けてかた。
どうやら目ではなく足音で判別しているらしく、暗闇の中でも追跡に乱れはなかった。
近付いてきた音に思わず後ろを振り返ったKは、前にあった木の根に気付かず勢いよく転んでしまう。だがSはそのまま走って逃げてしまった。
悲鳴も上げる間もなく、Kは追い付かれた。
うつ伏せたKの首筋にかかる生臭い息。

「見ぃーつけたぁ・・・」

気絶する間際Kの脳裏に残ったのは、土と獣の臭い、それから恐怖だった。

それから間もなくして、目玉を抜き取られ干からびたKの死体が発見された。
その合宿所は現在閉鎖されているそうだ。
【完】