×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第八十四話『そんなもん出なかったよ』

296 :蟻 ◆GJCUnhVBSE :2006/12/17(日) 06:42:46 ID:yBezmQGa0
【84/100】

弟の話。

弟は、大学生になった頃から急に霊感が強くなった。原因はわからない。
ある夏の日、弟は大学の友人達とキャンプに出かけた。「女の幽霊が出る」と噂の
キャンプ場で、肝試しも兼ねているとのこと。「ホントに女が出たらねぇちゃんに
も電話するわー」と笑いながら出かけていった。その夜、私の電話は鳴らなかった。
翌日、夕方になって弟が帰ってきた。
「女の霊出なかったの?」と私が聞くと、彼は、
「そんなもん出なかったよ。ガセだったんじゃね?」
と答えた。
なんだ、噂なんてそんなもんか。とがっかりしていると、弟は私にこういった。
「けど、兵隊の霊は出たよ」

すぐにネットで調べた。そのキャンプ場のすぐ横にあたる場所に、戦時中、日本軍
の基地があったらしい。
兵隊が出た場所は、水飲み場だったそうだ。

【完】