×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第五十七話『その子だけ』

225 :ヤマモト ◆A9mDCzGw5I :2006/12/17(日) 04:24:09 ID:P/3LCT/+0
【57/100】

実話だから全然怖くないかもしれません。

自分が幼稚園くらいの話。
その頃は、二階の寝室で母親・自分・弟の三人で寝てました。
夜中トイレに行こうと目が覚めたんです。
トイレの帰り、廊下の曲がり角に白い女の子が座ってるんですよ。
なんて言うか、白黒映画からそのまま抜け出してきた感じの女の子。
分かります?その子だけ色がないんです。
その白い女の子が、俺たちの寝てるほう見てるんですよじっと。
俺は怖くなって走って布団に潜り込みました。
ずっと怖くて震えてたんだけど、気が付いたら朝になってました。

 【完】