×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第八十一話『金縛り』

288 :高峰 ◆Seek1VG9hU :2006/12/17(日) 06:28:59 ID:IdQnVXNdO
「81/100」

高校の頃は、毎日といっていいくらい金縛りに合っていた。
ある夜も、ベッドに入って寝付いてから、ふと目が覚めると身体が動かない。

金縛りに合うと、
ものすごく恐くて唸り声をあげるときと、
いつ治るのかなーとのほほんと待つときと2種類あって、
そのときは最初は後者の感じで、うつらうつら眠りそうになった。

と、ふと両方の足首に違和感を感じたので意識を向けると、
指でがっしりと掴まれた感触がする。
しかも、指の方向がベッドの上からじゃなくて、マットの方、身体の下から手が生えて掴まれてるような感じだった。

ぞおっと総毛だって、身体を動かそうともがいたら、
両方の手首と二の腕も、同じように誰かが掴む感触がして、
やっぱりマットのほうから動かないように固定されていた。

そのうち、布団の上に何かが乗っかってきて、
掴んでいる手もどんどん数が増えてくる。
気がつくと、腕と足は掴む手で隙間がないほどの有り様。

出ない声をふりしぼって、隣室にいる家族を呼ぼうとしながら、
故人になった身内の名前を心の中で呼んて助けを求めたり、
さんざん抵抗しても無駄だった。
289 :高峰 ◆Seek1VG9hU :2006/12/17(日) 06:30:54 ID:IdQnVXNdO
ぞろりと背中を撫でられ、ガっと爪をたてられて、
もうダメだ、と身体の力を抜いた瞬間、
ガラッと部屋の扉が開く音がして、固まっていた体が動くようになった。

唸り声を不審に思って、
様子を見に来てくれた母親のお陰で金縛りは解けたようだけど、
直後の自分は汗びっしょりで、顔面蒼白だったらしい。

手首に掴まれる金縛りは、それ以降も2〜3度ありましたが、
あんなにたくさんの手で押さえられたのはこの時だけでした。

【完】