×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第百話『清滝』

342 :蟻 ◆GJCUnhVBSE :2006/12/17(日) 09:10:07 ID:yBezmQGa0
【100/100】

去年、京都へ旅行に行った。
当時の私は、オカルト板は時々覗く程度で、京都にどんな心霊スポットがあるのか
ほとんど知らなかった。

母が「化野念仏寺は怖いよ」と言っていたのを思い出し、旅行の二日目、嵯峨野方
面へ向かった。
化野念仏寺近くの停留所でバスを降りたとたん、物凄いオーラを感じた。夏だとい
うのに寒気がし、冷や汗が流れる。霊感のまったくない彼氏も、「これはやばい」
と震えている。腹痛も始まった。
(ここは本物だ、気軽な気持ちで来るんじゃなかった!)
後悔したが、せっかく来たのだし、辺りの景色が美しいこともあり、とりあえず付
近を散策することになった。
かやぶき屋根の年季の入った町並みを沿って歩いていると、分かれ道があり、
『この先清滝』
と書かれた看板があった。私達はその前で立ち止まり、
「清滝だって。綺麗な滝があるのかな? ここ怖いし、ちょっとそっち行こうよ」
と話し、そちらへ足を進めた。
とたんに、今までとは比較にならない寒気がした。
(こっちの方がやばいんじゃないのか?)
見ると、彼氏も「こっちには行きたくない」という。お互いの直感を信じることに
して、私達は引き返した。

みなさんもご存知だろう。
清滝は全国有数の心霊スポットだということを、旅行から帰宅して開いた2ちゃん
オカ板で初めて知った。
妙な胸騒ぎには、素直に従った方が良いのかもしれない。

余談だが、あの京都旅行以来、霊感が強くなった気がする。

【完】