×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第九十五話『弟』

330 :黒犬 ◆maNL6bv6dg :2006/12/17(日) 08:32:20 ID:a1X5y96bO
【95/100】


俺の友人Kの話。
俺には弟がいたんだ…
超DQN&オカルトマニアのKはある日寂しそうな顔をしてつぶやいた…
俺「過去形かよ…?亡くなったん?」

K「いやチョット違う」
俺「???」

K「中学までずっと一緒にいたんだ。スッゲー仲良くてな。気が弱くて優しいヤツだったよ」
俺「………」

K「ある日弟がスッゲー気分悪そうでさ、母さんに病院連れてように言ったんだよ」

俺「悪い病気だったのか?」

K「いや……いなかったんだよ」

俺「は?病院で迷子?」
K「違う。最初からいなかったんだって……弟なんて…母親に言われたよ」

????

K「それ以来消えちまった、おかしいよな?ずっと一緒にいたんだぜ?でもな……………ずっと一緒にいたのに俺、弟の名前知らなかったんだ。ご飯の時フッといなくなるのは、実はいなかったからって、そんとき気付いたんだ…」
俺はこの時、馬鹿でアフォでDQNなKの涙を初めて見た
リアル話。